スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「顔」



私の母は、若い頃とても美人でした。残念ながら(笑)、私は母ではなく父に似ています。私はよく、「お母さんは美人なのに、あなたはお母さんに似ていないのね。」と言われました。私は容貌に劣等感をもつようになり、その言葉に傷ついたものです。

なので、私は強い劣等感を持ちながら、外見やお洒落に関心がないふりをしていました。でも、可愛い女の子は、普通の女の子より、有利だと硬く信じていました。

事実、大抵の男性は面食いで、普通の女性より美しい女性を親切に扱いがちだと思っていました。

若かったので、ちょっとでも今より可愛くなりたいと切望し、本当の美しさとは何であるのかと言うことについてよく考えました。「外見の美しさも重要だけど、内面の美しさも重要だよ。」と言う大人もいました。でも私は、その言葉の背景にある意味を理解することがまだ出来ませんでした。

時が流れ、私はいろいろなことを経験し、彼らの言葉や美しさに関する考えを理解することが出来るようになって来ました。

確かに外見の美しさは重要です。例えば、私はごく普通の立ちですが、お気に入りの洋服を来た時は、いつもよりは可愛く見えます。なので、お気に入りの洋服を着るときはいつも、嬉しくて、少しは自信が持てます。同じことが、髪型やお化粧にも言えると思います。外見の美しさは、時には内面の美しさを補ってくれます。前向きな心は、に反映されます。生き生きした表情の人は、花が咲き誇るような魅力的にあふれて見えます。

でも、前向きな心を持ち続けることは大変難しいことです、人は、わがままや嫉妬や疑いなどのネガティブな感情を持ちがちです。ネガティブな感情は、立ちが美しい人でも、人を悲しげに暗く見せるものです。美しくなりたいなら、様々な経験に身を晒して、ネガティブな感情を乗り越えるべきだと私は思います。ある日、私は、幸せで、自信のある人が、美しく見えることに気がつきました。

私にとって、美しい人は、内面も外見も美しい人です。ココ・シャネルは、「20歳の時のは自然がくれた、50歳の顔に価値を与えるのは、あなた次第なのよ。」と言っています。

私は今、私たちは自分自身の顔に責任を持つべきなのだと信じています。


(English Version)

“Faces”

When my mother was young, she was very pretty. Unfortunately, I look like my father rather than my mother.
People often told to me, "Your mother is very pretty but you don't resemble her." I felt inferior of my appearance and their words hurt me seriously. Thus, I pretended not to be interested in my looks and fashion while feeling a strong inferiority complex. However, I believed beautiful girls had advantages over ordinary ones.
In fact, most men love beautiful faces. I noticed that they tended to treat beautiful women more kindly than they would treat ordinary women.

Since I was young, I strongly wanted to be prettier and I often thought about what the beauty really is. Some adults told me that not only the outer beauty is important but also the inner beauty. However, I still couldn't understand the meaning behind it.

As time went by, I experienced a lot and I came to understand their words and perspectives about beauty.

Certainly, the outer beauty is important. For example, I have a very ordinary face but when I wear my favorite dress, I would look prettier than usual. So I feel a bit happy and confident whenever I wear my favorite dress. That goes the same with hair and make-up. The outer beauty sometimes compensates for the inner beauty. Positive minds reflect on their faces. Cheerful expressions can make people look blooming and attractive.

However, it is very difficult to keep positive mind because people tend to have negative feelings - - selfishness, jealousy, doubt and so on. Negative feelings make people sad and dark even thought they have beautiful faces. If we want to be beautiful, I think we should expose ourselves in various experiences and overcome negative feelings. One day, I noticed happy and confident people tend to look beautiful.

For me, a beautiful person is someone who is both beautiful inside and out. Coco Chanel said, “Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty.”

Now I believe that we should be more responsible about our own faces.

スポンサーサイト

✿バレンタインデー✿

DSC_0235 (2)


日本には、バレンタインデーに女性が、男性にチョコレートを贈ると言う、根強い伝統があります。生前、夫はよく同僚の女性たちから高級なチョコレートを贈られていました。もちろん私も夫に高級なチョコレートを贈ったものです。私たちは、バレンタインデーには、普段は食べない高級なチョコレートを一緒に美味しく頂きました。

夫が他界した後、私は強い孤独を感じるようになり、バレンタインデーを特に辛く感じていました。バレンタインデーが早く過ぎてくれるように願いました。当時、私はいつも孤独に苦しんでいました。

そんなある日、私はヨガを始めました。ヨガが私の心の平静を回復してくれました。ヨガを通して、私は信頼できるヨガの先生やヨガ友だちに出会うことが出来ました。彼らは、私がいつも感じている孤独を癒すのを助けてくれました。

ある時、バレンタインも近づいた頃、先生がレッスンの後にティーパーティーをすることを計画して下さいました。ティーパーティーは、バレンタインデーに催されることになりました。私は、先生やお友だちにバレンタインのプレゼントとして、かぎ針編みのブックマークを編むことを思いつきました。私は、この特別な日の準備を楽しめるようになったことがとても嬉しく思えました。

私は、バレンタインの前日にプレゼントを編み上げ、その一つ一つにメッセージカードを付けました。

私が、かぎ針編みのプレゼントを彼らに贈った時、みんなとても喜んでくれました。思い出に残るその笑顔が、私を幸せにしてくれました。私は、孤独を乗り越え、一緒にバレンタインを祝う人たちを見つけたのです。その日は、忘れられない日になりました。

愛する人と一緒にバレンタインデーを祝えるのは、本当に素敵なことだと心の底から思います。この日、私たちは愛を与え、そして、愛を必要としている人々と愛を分かち合うのです。


(English Version)
“Valentine’s Day”

There is a strong tradition among women giving chocolates to men on Valentine’s Day in Japan. When my husband was alive, he was often given expensive chocolates by his female co-workers. Of course, I would give him expensive ones, too. We enjoyed eating expensive chocolates together on Valentine’s Day, which we never did on ordinary days.

After my husband passed away, I felt extremely lonely, especially on this day. I would always hope that it would pass quickly. I suffered all the time during those days.

One day I started yoga, and then it restored my peace of mind gradually. This activity also introduced a trustworthy yoga teacher and many yoga friends. They helped me to reduce what I felt. 

One time, when Valentine's Day was coming soon, my yoga teacher planned to hold a tea party after the lesson. It would be held on Valentine’s Day. I came up with crocheting bookmarks as Valentine's presents for them. I felt very happy that I could enjoy preparing for this special day.

I finished crocheting them by Valentine's Eve. I attached message cards to each of them.

When I gave them my crocheted presents, they liked them very much. Their happy smiles were so memorable, and made me happy. I was able to overcome my loneliness and I had some people to celebrate Valentine’s Day with me. It was a very unforgettable day.

I think from the bottom of my heart, it is very nice that we can celebrate Valentine’s Day with people whom we love. On this day, we give love and share the love we have to those who are in need of it.


ラッキークローバー 複数 (2)


ラッキークローバー ラッピング後

「神様が下さったバースデープレゼント」

4作目のエッセイを書きました。
タイトルは「神様が下さったバースデープレゼント」です。

英語版もあります。
と言うか、英語学習のために英語エッセイを書いて、
せっかくなので日本語訳してアップしています。

自分が書いた英文なのに、
日本語訳する時、けっこう苦労したりします^^;^^;

では、良かったら読んで下さいねm(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「神様が下さったバースデープレゼント

母は、家族の誕生日にはいつも赤飯を作ってくれたものです。それに加えて、誕生日を迎えた家族の好きな特別な料理を作ってくれました。例えば、唐揚げ、だし巻き玉子、ポテトサラダなどです。高価なものはありませんでしたが、とても美味しかったです。母は、誕生日のご馳走以外には、私にプレゼントをくれませんでしたが、私はとても幸せでした。

母は7年前に他界しました。私は、母と一緒にみんなが誕生日を祝ったように誕生日を祝う年でもないと思って、自分の誕生日を祝わなくなりました。そして又、父は祝い事には全く関心がありませんでしたし、弟も同じでした。

でも、今年、私はとても素敵なバースデープレゼントを贈られました。話せば長くなりますが、去年の夏、私はヨガに関する興味深い英文記事をインターネットで見つけました。それを翻訳して、インターネットに投稿しました。あるヨガ協会ニュースレターの編集者の一人が、私の翻訳を見つけて、ニュースレターの記事として、それを選んでくれました。

記事が発行される前に、私のヨガの先生が私の翻訳を推敲するのを手伝って下さいました。先生は、私の翻訳がとても直訳的でわかりにくいのを考慮してくださり、とても厳しく指導してくださいました。英語の表現方法と日本語の表現方法の違いが大きいので、私は効果的に翻訳することができずにいました。

筆者の意見を明確に理解せずに正確に翻訳することはとても難しいです。私は、まず筆者の意見や感情を明確に理解すべきであると思いました。そして、次には、読者が筆者の意見や感情を理解することが出来るように、直訳にならないように翻訳しなければなりません。

私は、翻訳の重要な点を実感したあとで、もう一度、翻訳しなおしました。ずいぶん良くなりました。私の翻訳が分かりやすいものになり、また、私はたくさんのことを学んだので、私はとても幸せに感じました。

この学びの経験は、私の誕生日に贈られた特別な贈り物だと思いました。その日は、ごく普通の誕生日でしたが、私は、神様が私に特別なバースデープレゼントを下さったのだと信じています。


(English Version)

A special birthday present

My mother used to cook traditional red rice (SEKIHAN) for my family member's birthday. It is made by steaming glutinous rice and boiled red beans which turn the rice red. This is a special celebratory dish for happy occasions. In addition, on birthdays, she cooks special dishes which the birthday celebrant likes. For example, Fried chicken, Japanese style omelette, potato salad and so on. They weren't so expensive to prepare but they were still very delicious. My mother didn’t give me presents except for her special birthday dishes but I was very happy.

My mother passed away 7 years ago. I didn’t celebrate my birthday because I thought I was too old to celebrate it like what we did before with my mother. Also, my father isn’t interested in any kind of celebration. My younger brother isn’t, either.

This year, however, I was given a special birthday present. It’s a long story. Last summer I found an interesting English article about yoga on the internet. I translated it into Japanese and then I posted it online. An editor of one yoga association newsletter found my translation and then selected it as an article for their newsletter.

Before the article was published, my yoga teacher helped me to improve my translation. He was strict regarding my translation as it was very literal and difficult to understand. Because English expression is very different from the Japanese one, I couldn’t translate it effectively

It was very difficult to translate precisely without understanding the writer’s opinion clearly. I realized I should understand the writer’s opinions and feelings clearly at first. And then, I must translate it not literally, so that readers can understand the writer’s opinion and emotions. I translated it again after I realized the important points of the translation. It was improved greatly. I was very happy because my translation became more understandable than before and I learned a lot.

I consider this learning experience as a special gift in time my birthday. It was just an ordinary birthday but now I believe that God had given me a very special birthday present.


「他人と比べない」

最近、Skype英会話学習を再開し、
その日のトピックを英語で書くようになりました。
いつの間にか、書くことがとても楽しくなりました。
私が書いた文章を先生方に添削してもらい、エッセイにしています。
良かったら、読んで下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他人と比べない

私たちは、自分と他人を比べがちで、その結果、劣等感を感じることがよくあります。

私もよく自分自身を他人と比べ、劣等感を感じ、不安になり、イライラしたりします。そのようなネガティブな感情は、私を疲労させ、強い不安を感じさせます。私は、長い間、劣等感に苦しんでいました。

私がヨガを始めた時、私は強い劣等感を持っていました。当時、他の生徒が難しいアサナ(ヨガのポーズ)を簡単にしているのに対して、私はとても簡単なアサナすらできなくて、よく惨めな思いをしました。今考えると、私は初心者で、それに、それぞれの生徒は全く違う個人的な背景を持っているのですから、それは自然なことですが、当時の私は劣等感を持ちがちでした。

でも、すぐに私はそのようなネガティブな感情を忘れるようになりました。ヨガが楽しくて快適だったからです。この快い感覚が、私の心を軽く、そして、穏やかにしました。練習は、私の身体を柔軟にし、柔軟な身体は私の考え方も柔軟にしました。しだいに私は難しいポーズもいくつかは出来るようになりました。

私は自分の前進に心を向けました、そしてそのことが私の劣等感を軽減し、私に自信を与えてくれました。私のネガティブな傾向は、少なくなって行きました。私は、身も心も軽くなるのを感じました。このヨガの経験が、私に自分を他人と比べるのではなく、自分の前進に目を向けることが大事だと言うことを教えてくれました。

今私は、自分を他人と比べるべきではなく、自分自身の前進を評価することが大事だと思っています。



(English Version)

“Don’t compare ourselves to others.”

We tend to compare ourselves to others and then we often feel an inferiority complex.

I often feel inferior, anxious and frustrated when I compare myself to others. Such negative feelings make me tired and unsure of myself very much. I suffered from an inferiority complex for a long time.

When I started yoga, I was the person with a strong inferiority complex. At that time I often felt miserable when I couldn’t do even very easy yoga pose while other students could do difficult ones easily. Now I think it is very natural because I was a beginner and we have very different personal situations but I tended to feel inferiority feelings then.

But soon I came to forget such negative feelings because doing yoga was very fun and comfortable. This comfortable feeling made my mind light and calm. Practice made my body more flexible and flexible body also made my way of thinking flexible. Gradually I could do some difficult yoga poses.

I focused on my own progress and that reduced my inferiority complex and gave me the confidence. My negative tendency was lessened. I felt both my body and mind were light. This yoga experiences taught me that it is important not to compare ourselves to others but to focus on our own progress.

Now I think we shouldn't compare ourselves to others and it is important to recognize our own progress.

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kkum0108

Author:kkum0108
こんにちは(^^)
kkum(クム:「夢」と言う意味です。)と申します。
ハンドメイド(特にかぎ針編み)とネコが大好きです。
毎日毎日、チマチマ何かを作っています。
ヨガも大好きで熱心にレッスンに通っています。とにかく気まぐれなので、熱中することが次々と変わっていきます((^┰^))ゞ テヘヘ

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。